留学マルタドットコム

マルタ留学--マルタで英語を勉強しませんか--ダイビング

地中海の小島、マルタはスキューバダイビングのメッカ。短期留学でも気軽に楽しめる体験コースから、本格的なライセンスコースまで、マルタでのダイビングを手配いたします。

マルタでスキューバダイビング

目次

  1. ダイビングへのお誘い
  2. コースと料金
  3. お申込み方法
  4. スクールとダイビング紹介
  5. ダイビング体験談
  6. マルタの海

お詫びとお断り
 このページで紹介しているダイビングスクールは、マルタで唯一、日本人インストラクターが常駐していることが特徴となっていましたが、その日本人インストラクターが個人的事情で退職され、現時点では復帰や後任者赴任の見通しはありません。また現在は他のマルタのダイビングスクールにも、常駐の日本人インストラクターはいらっしゃいません。従いまして、このページはマルタでのダイビングの一般的な参考情報としてのみご利用下さい。
 マルタ留学と合わせてダイビングをご希望の方は、ほとんどの語学学校が、ダイビングコースも一緒に扱っておりますので、学校申し込み時に一緒にお申込みいただくことが可能ですし、長期の方であれば、現地に着いてから学校に相談するなり、実際にダイビングスクールを訪問して決定することもできます。詳細はお問い合わせ下さい。
 なお、ニチアイでは、当社で語学学校をお申込みされない方のダイビングだけの手配はいたしておりませんのでご了承下さい。



1. ダイビングへのお誘い

地中海に浮かぶマルタ島は、ダイビングスポットとしても有名で、こんな小さな島に、40以上ものダイビングスクールがあると言われています。

ニチアイでは、マルタ唯一の、日本人インストラクターがいるダイビングスクール「アクアノーツ・スキューバ・ダイブスクール」と提携し、語学留学とともにダイビングをされたい皆様へ、ご案内と受講手続きをしております。

ダイビングは決して危険なスポーツではありません。ある程度の注意事項やマナー・常識を守れば、老若男女を問わず、運動神経や水泳能力も殆ど問わず、誰でも楽しめる、魅惑的なスポーツです。けれどもやはり、どんなスポーツにもあるように、その世界独特の言葉やルールがあり、これらを全て英語だけで理解するのは、英語上級者でも容易ではありません。「アクアノーツ・スキューバ・ダイブスクール」には、英語ネイティブのインストラクターもいます。このスクールは、英語初心者の方や、上級者でも大事な点などは、日本語で教わりながら、安全で楽しいダイビング体験のできる、マルタで唯一の貴重な場所です。もちろん、ニチアイ社員は実際にスクールを訪問し、体験もした上で、提携しております。

語学留学をしながらでも、空いた時間を使って、最短1週間で、ライセンス取得が可能ですし、長期留学なら本格的な資格を目指しての挑戦もできます。語学留学にプラスアルファを求める皆様に、マルタならではのダイビング体験を、あなたもいかがですか。


2. コースと料金

名称 コース概要 所要日数 料金 テキスト代
体験ダイビング とりあえず一度、一通りの説明を聞いて、器具をつけて潜ってみようという、初めての人向けの体験コース 2〜3時間 EUR 60 不要
PADIオープンウォーターダイバーコース ダイビングのスキルと知識、ダイビングの環境の基礎を習得。ライセンス習得できる基本コース 3〜5日間 EUR 340 EUR 50
PADIアドベンチャー/ アドバンスドオープンウォーターコース 上記オープンウォーターダイバーコース終了者向けの、さらに深いスキルや経験のできるコース 2〜3日間 EUR 230 EUR 48

3. お申込み方法

語学学校のお申込みと同様に、受講希望のコース(初心者は、体験ダイビング又はPADIオープンウォーターダイバーコース)をお知らせ下さい。代金は語学学校料金と一緒にお支払い下さい。実際の受講日は、初日の日時を、ご相談の上決定いたします。それ以後のスケジュールは現地でご相談の上、決定なさって下さい。但し、ごく短期の留学の方(1〜2週間しかマルタに滞在しない方)は、特に夏の繁忙期は、全受講日時をあらかじめ予約しておいた方が無難です。そのあたりは当社からもアドヴァイスさせていただきます。

なお、ダイビングをされる予定の方は、海外旅行傷害保険において、ダイビングによる事故の補償がカバーされているか、ご確認下さい。


4. スクールとダイビング紹介

アクアノーツ・スキューバ・ダイブスクールは、マルタでも賑やかな場所、スリーマ地区の、小さな半島部にあります。繁華街に近くても、海は真っ青で綺麗です。スリーマ地区なら大体どこでも歩いて通うこともできますが、送迎サービスも無料で利用できます。午前中に語学学校の授業を受け、午後の時間を利用してのダイビング講習が十分可能なのも、小さな島国マルタならではです。

アクアノーツ・ダイブスクールは、スリーマにあります。スリーマ地区の語学学校(AMランゲージスタジオ・インリンガ)からは徒歩10分程度。 ショップの中。小さいながら、器具機材が揃っており、下の階にはシャワーもあります。フレンドリーなスタッフが皆様を完全にサポートします。
   
初心者は最初に、テキストを見ながら基本的な講習を受けます。アクアノーツは、マルタで唯一、日本語での講習を受けられますので、安心です。 スクールの真下はもう真っ青な地中海です。けれども、いきなり外洋に潜る前に、まず潜る練習をするための場所もこのように設けられています。



5. ダイビング体験談

行って良かったと思います。五井さんはとても気さくな方ですし、ショップには必ず誰かお留守番をしているので、ダイビングをしているときの貴重品も心配ありませんでした。オープンだけだと、基本的にショップ近くの海でダイビングなのですが、アドバンスまで取ると、週末に有名なダイビングスポットに連れて行ってもらえました。+50LMで5ダイブできてアドバンスがとれるので、オープンだけよりも、こちらの方が、ダイビングを楽しめると思います。昨夏の経験から、正直、マルタは英語を勉強するという目的での滞在は適しているとは思っていないのですが、ダイビングなどをしながら、かつ夏を楽しむという意味では最高の国だと思いました。
(22歳・女性。2005年9月)



6. マルタの海

マルタ自体、地中海の沖に浮かぶ小さな島で、重工業も殆どないため、マルタの海は、街に近くてもとても綺麗。ちょっと潜れば、様々な魚に出会えます。同時にマルタは歴史的に交易上の重要点。ですから、沈没船なども多く、そういった所を探検できるのも、マルタのダイビングの一つの魅力でしょう。
(以下の写真は、アクアノーツ・ダイビング・スクールの提供です)

第二次世界大戦でマルタの周辺を守っていた「HMS MAORI」(英国軍艦マオリ)です。この船はドイツ軍のビスマルクを探し、倒したことで有名です。マオリがいなかったらマルタは今頃、英語学校ではなくドイツ語学校の国だったかも(?)という重大な役目を果たした船です。写っている部分はデッキの上でガンがあった場所のベースです。 「TUG BOAT ROZI」(タグボートロジ)です。最後はキャプテンモーガンが観光用に使っていた船で、もともとは引き舟としてイギリスで活躍して、その後マルタに売られてきた船です。最近ダイバーのために沈めたので、形もしっかりしていて、トイレまであります。ここのリーフダイビングもお勧めで、魚もたくさんいます。
   
「Chrikawwa Arch」(チカワアーチ)です。この様なアーチや洞窟などはいろんな所にあります。時間帯や、海のコンディションによって、光加減も最高です。 「マドンナ像」です。ロジ、アーチ、マドンナとも同じ場所チカワにあり、マルタでも一、二を争う人気のダイビング・ポイントで、何ダイブも楽しめます。



このページ(ダイビング)のトップへ戻る

マルタ留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
 2005年1月1日から
 (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd