留学マルタドットコム

マルタ留学--マルタで英語を勉強しませんか--留学体験談

50代女性。マルタのヴァレッタにあるイージースクールに冬に2週間の短期留学で、個人レッスンも取り、滞在は自炊型のシェアアパートメント。

マルタ留学経験者の感想
2017年12月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 年齢:58歳、性別:F、留学前の職業:管理職

2. 学校名及び期間

 EASYスクール、12月1日〜2週間

3. 予算(お小遣いを含む)

 授業料1 EUR 260.00 (04DEC-08DEC コンビネーション週25レッスン×1週)
 授業料2 EUR 150.00 (11DEC-15DEC 一般英語週20レッスン×1週)
 授業料3 EUR コミュニケーション
 滞在費 EUR 420.00 (02DEC-16DEC アパートメント個室×2週)
 送迎費 EUR 40.00 (往復)
 教材費 EUR 35.00
 ---------------------------------------------------------------------
 合計額 EUR 905.00
 予算(20万円 スクール13万円、滞在費7万円)
 (航空代金はマイレージ使用、アムステルダム→マルタ→ミュンヘン→イタリア→イスタンブール→ニューヨークの周遊で航空券以外の出費は約60万円、マルタ滞在に関しては留学費用含め予算は約20万円、実際には食費や国内観光含め17万円~18万円くらいで収まったと思います。)

4. 留学の目的、及びなぜマルタを選んだか?

 留学の目的:英会話のスキルアップ
 なぜ<マルタ>を選んだか?
 以前フィリピンに超短期留学をした経験がありますが、授業が終日マンツーマンでスパルタ過ぎました。エアコンが効きすぎて寒くて狭い部屋でマンツーマンレッスンが6時間続き、後半は集中力も保たなくて意識が朦朧としてきました・・・。マルタ留学は偶然インターネットのバナーをクリックしたことが始まりでしたが、調べれば調べるほどマルタの魅力に取りつかれました。ヨーロッパのほかの国にもアクセスが良いというのも魅力の一つでした。また、フィリピンはほぼ日本人の方でしたが、マルタは日本から少し遠いので日本人の方が少ないというのも選択した理由です。実際に、トルコ、キルギスタン、フランス、イタリア、ウクライナ、ウルグアイ、ポルトガル、リビアと近隣の様々な国の方が多くチリから来られている方もおられました。日本人も数人おられましたが、特にトルコの方が多いようでした。

5. 最終的にその学校を選んだ理由

 Nichiai様の説明会やメールでのアドバイスでマルタに決め、街中のサンジュリアンとフェリーで通う世界遺産の街ヴァレッタで迷いましたが、最終的にはオレンジとパープルのスクールのイメージカラーで決めました。ヴァレッタにしてほんとによかったです。

6. 学校及びステイ先とマルタでの生活のついての感想

 気候、クラス、シェアルーム全て最高でした。学校は祝日補填のため、イレギュラーな時間割だったようで1コマが通常より長かったようです。30分のブレイクでもう一コマ、お昼休みが1時間でしたが、私は午後からプライベートレッスンを取っていたので、友達と食事してスクールに戻るには少し忙しいくらいでした。
 入学式の時にレベルチェックテストがあるのですが、筆記テストだけですので、日本人は、ほぼほぼ良い点を取ることができますので、インタビューやヒアリングテストを実施された方が良いと思いました。現に筆記テストの結果で配属されるクラスにはついて行けず、クラスダウンされる方も何人かおられました。
 毎週火曜日にコミュニケーションクラブだったか・・・サンジュリアンのバーで他の学校の留学生と飲みながらゲームをしたりする会があって、とても楽しかったです。会費もワンドリンク付き500円くらいでだったと記憶しています。留学中はとりあえずアウトプットが重要だと思いますので、いろんな方といろんな話ができる機会はとても重要だと思います。シャイな日本人も少しのアルコールとゲーム形式でのコミュニケーションで楽しく会話されていました。
 シェアルームはトルコ人の女性と日本人の女性と3人でした。トルコ人の方は料理が非常に上手で毎日自炊をされており、日本料理とシェアして一緒に楽しく食事しておりました。また、私も彼女もワインが大好きでしたので、その点ではマルタは天国でした。安くておいしいワインをたくさんいただきました。シャアメイトやクラスメイトとは帰国してからもメールやSNS等で連絡を取り合っています。日本人の友達は東京の方で私の娘と同じくらいの年ですが、帰国してからも関西在住の私が出張ついでに会いに行ったりしています。今回の留学でチリやトルコやいろんな方との出会いがありました。機会があれば、ぜひまたマルタに留学したいと思います。

7. 週末の過ごし方

 通学はフェリー移動はバスがほとんどでしたが、治安も良く、バスの路線もわかりやすいので放課後を含めいろんなところに行きました。マルタの町自体世界遺産になるほど、どの角を曲がっても同じような古い建物と教会が多く中世に迷いこんだようです。私はほぼ毎日迷子になっていました。
 最初の週末はミュンヘンに行くために日本で既にチケットを手配していましたが、年齢の違う友達がたくさんでき、マルタで過ごせばよかったと少し後悔しました。ほとんど3カ月留学で来ている方が多かったですが、私もまた機会があればせめて1カ月は滞在したいと思っています。

8. 留学中困った事、及び良かった事

 アパートの鍵の扱いが悪すぎて困りました。まず初日、空港にいろんなピックアップの方が迎えに来られていましたが、私は何分待っても来ていただけず、電話もつながらず、観光案内所の方に何とか連絡とっていただけました。30分くらいして迎えが来ましたが、ピックアップの方にアパートの前でカギを渡されただけで、真っ暗な中、何号室かもよくわからず、とりあえず到着して、カギをあけようと何度も回しましたが、全く開かず、しばらくするとシェアメイトの方が中から開けてくださいました。もし不在で開けていただけなかったら入れなかったと思います。マルタの鍵は開きづらいと後で聞きましたが、ピックアップ後のサービスがあまりにも不親切だったのが残念です。気候は安定しており、雨がぱらついたのは1日だけでそれもすぐに止みました。

9. その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 噂には聞いておりましたが、バスの運転は非常に荒いです。週末マルサシュロクに出かけたとき、バスの運転手の運転が荒く、立っている乗客が何度も転びそうになり、その時に降りるベルに触れてしまったのか、運転手が途中で「止まっても誰も下りないし、いい加減にしろ。」と怒鳴り運転放棄されました。乗客のイタリア人女性が 「あなたの運転が悪いからだ!」と言い返され、大騒動になり、警察官が来る羽目になりました。そのあと、乗り換えたバスは接触事故を起こされました。そして基本敵に運転手は不親切ですし、気が短いように感じました。バスに乗るときは時間に余裕をもって座れるバスを待つか、急ブレーキに対応できるよう、ご自分の身はご自分で守ってください。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 基本メール対応ではありましたが、迅速に丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。


このページのトップへ戻る
「マルタ留学経験者の感想」フロントページへ戻る

マルタ留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
 2005年1月1日から
 (c) Copyright 1998-2018 Nichiai Ltd