留学マルタドットコム

マルタ留学--マルタで英語を勉強しませんか--留学体験談

34歳女性。チェンバーカレッジに8週間留学し、ホームステイと学校のアパートメントの両方に滞在。

マルタ留学経験者の感想
2014年7月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 34歳、女、会社員

2. 学校名及び期間

 チェンバーカレッジ、2014.05〜2014.07(8週間)

3. 予算(お小遣いを含む)

 €2,217.62-(¥321,107-) (スクール代(30/2週+20/6週)+ステイ先(ホームステイ/2週+アパートメント/6週))
¥155,700- (エミレーツ航空)
¥100,000-(€700-)(初めに日本からユーロに変えて持って行った)
¥70,000-(€250-×2)(向こうで€250-を2回キャッシングしました。)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
¥547,462-

4. 留学の目的、及びなぜマルタを選んだか?

 地中海の空の青さが好きだから!
 行ってみたかったから!
 バカンス6割、勉強4割の目的だった。

5. 最終的にその学校を選んだ理由

 繁華街では無いのと、全く英語に自信が無いので日本人スタッフが常駐している。 と言う理由で。
 が、しかし、その決めてとなった日本人スタッフの方とお会いしたのは、2、3週間経ってからでした。しかも、殆どお話ししませんでした。来られるのが午後3時かららしく、殆どお会いしませんでした。
 インターンとして働いていた日本人の学生が少しフォローして下さいました。

6. 学校及びステイ先とマルタでの生活のついての感想

学校について
 私は初めの2週間を午後のクラスもとりました。 午後のクラスをとる生徒が少ないからか、レベルに差があった様に思います。正直、付いていくのに必死でした。気を抜くと、本当に何を言っているのか、上の空な感じになっていました。
 それに比べて午前中のクラスはレベルが近い人が集まっていて(低レベルで(^^;))楽しかったです。後々、とても仲良くなりました!
 時期もあるのか、私が居た時は、コロンビア人、リビア人がもの凄く多くて、クラス9人中6人リビア人の時がありました。私が帰る頃には、今度はトルコ人がとても多くなってきていました。韓国人も日本人より多かったです。ヨーロッパ人は、非常に少なかった様に思います。
  あと、先生のアタリ、ハズレ、合う、合わないがあるようです。私はまだアタリの方だったと思います。ちゃんと先生が個別にも向き合ってくれていた気がします。宿題も一対一でチェックしてくれて、ちゃんとアドヴァイスをくれました。

ステイ先
 ホームステイとアパートと迷っていたので初めの2週間をホームステイ、残り6週間をアパートメントにしました。
  ホームステイのアタリ、ハズレは行く前から、ブログや、こちらの体験談などで知っていました。 私は、ハズレのようでした。
  部屋の机の上に紙が貼ってあって、「友達を勝手に部屋にいれないでね」とか「晩御飯の時間は守ってね」とか、いくつか注意事項が書いてあったので、初日の夕飯時に10分前位にダイニングに行き、「何か手伝いましょうか?」と声をかけたら、お子さんの友人が来ていたらしく、何かを食べていて、それを見られたくないのか、私の所まで飛んできて、凄く顔を近づけて「何か用?あなたのごはんが出来たら呼びに行くから部屋で待っていて!」と言われました。その後呼ばれてダイニングに行くと、私一人の夕食でした。基本、一人で夕食でした。 何でも好き嫌いなく食べられる私が、人生で初めて半分くらい残しました。まずくて喉が通りませんでした。
 ある日、朝からオーブンで何かを焼いていて、私が覗きこんだら「これは今晩の夕食よ」と言っていました。でも、その晩、私にはそれは出てきませんでした!
 基本、家族とは時間も内容も別のようでした。食事が終わると「See You〜」と手をふられます。部屋に戻って。との事でしょう。ですので、リビングで家族と談笑するなど、一切ありませんでした。ホームステイは失敗だったな。と思いました。
 私は、元々2週間で出ていく予定でしたので、もう、後半は呆れていて、「早く出ていきたい!」と言う気持ちでしたので、もう全く期待もしませんでしたし、私の元々の性格なのか、ザ日本人!だからなのか、私が全然英語が話せないからか、私は向こうの出方を見るタイプなので、「これが晩御飯!」と言われれば、それを頂いていました。レタスと茹でたジャガイモだけの時もありました。その時は流石に「塩ください」と言いました。 友達の間でも半分ネタになっていましたよ(笑)。
 その後、私と入れ違いで日本人が一人入りましたが、別の理由もあったのですが、チェンバーからはもう、そこは使わなくなったようです。
 インターンの学生がどうですか?と話を聞いてくれていましたが、様子を見て。程度で別に何も改善はされませんでした。ましてや、日本人スタッフの方はこの事を知らないと思います。ですので、チェンバーには日本人スタッフが常駐していてフォローしてくださる。と聞いていましたが、常駐もしていませんし、フォローも無かったです。そこは残念でした。

 その後、アパートに移ってからは、ホームステイがあったからか、天国でした!!! まあ、使った食器を洗わないなど、思う所は有りましたが、基本みんな仲良く一緒にご飯食べたり、楽しく過ごしました〜!!

7. 週末の過ごし方

 折角マルタに来ているので、出来るだけ平日には行けない所へ観光に行きたいと思っていました!ですので、土日のどちらかは、出かけていました。殆どの名所には行ったと思います。 あとは、仲良くなった子達と一緒にご飯を作って、飲んで、喋って〜♪

8. 留学中困った事、及び良かった事

 学校初日に、まず、学校から頂いていたホームステイ先から学校までの地図が間違っていて、5分で着く所、全然違う方向に行っていて40分かかりました!あれは本当に困りました。 そして、オンラインテストと言うのを日本でやっていたつもりでしたが、出来ていないとの事でもう一度やり直ししたので、その日の午前の授業が受けられませんでした。

 最後の週に、同じ日で終わる子が空港への送迎のピックアップの時間の確認の紙を貰っていて、私は貰っていなかったので、レセプションに言いに行ったら貰えたのですが、ピックアップの場所が前のホームステイ先になっていて、危うく間違われるところだった〜。と訂正しましたが、当日、来ませんでした!!30分待っても来ませんでした。ルームメイトがその会社に電話してくれましたが、誰も出ませんでした。たまたま、空港行きのバス停がアパートから近かったので良かったですが、他のアパートだったら完全に飛行機に遅れていました。

9. その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 行く前は、本当に悩んでいました。でも行って良かったです!とても楽しかったです。元々英会話を習っていた訳でもなく、留学経験もなく、仕事で英語が必要な訳でもなく…。 でも、大袈裟かも知れませんが、とても自分が成長出来た様な気がします。 迷っている方は、行くべきだと思います!

アドヴァイス
 ホームステイは、私はたまたまハズレでしたが、周りは殆どアタリの様でした。 ですので、私の例は参考程度に。
  マルタは果物とかは安いですが、日用品とかは結構高いです。日本では100円均一に売ってありそうな物が、3€、4€します。皮むきのピーラーとか。ある部屋もあれば無い部屋もある。可能なら持って行ったらいいと思います。電池はもっと高かったと思います。
 日本人=SUSHIな様で、やたらSUSHIを作って!と言われます。そのせいか、巻きすがある部屋もあるのですが、ほとんどありません。日本だと100円均一に売っています。あると非常に便利ですので持って行かれると良いと思います。あと、のり、しょうゆ、米酢など。アジアンマーケットにも売っていますが、ちょっと違うし、高いです!

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 初めとても悩んでいたのですが、高木さんに背中を押して頂き、行くことができたと思います。本当にありがとうございました。
 他をあまり知りませんが、ニチアイさんは、そんなにしつこくなくあっさりしている気がします。気になる点を的確に迅速に回答頂き助かりました。

入金に関して
 確か、日本の銀行への送金は低額のみ受付とかでしたよね。あと、クレジットカードの手数料が高かった様に思いましたので、私は海外送金にしたのですが、最近は、海外への不正な送金が多いらしく、銀行でかなりしつこく根掘葉掘聞かれました。1時間近くかかりました。 その辺、改善していただけたらと感じました。


「マルタ留学経験者の感想」フロントページへ戻る

マルタ留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
 2005年1月1日から
 (c) Copyright 1998-2016 Nichiai Ltd