留学マルタドットコム

マルタ留学--マルタで英語を勉強しませんか--留学体験談

22歳男性。8月から9月にかけて、マルタのスリーマにあるインリンガで日本人がほとんどいない環境での4週間の短期留学。

マルタ留学経験者の感想
2013年9月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 22歳,男,大学生

2. 学校名及び期間

 Inlingua School of Languages Malta
 2013年8月下旬〜9月中旬 4週間

3. 予算(お小遣いを含む)

 ※当時1ユーロ=約131円
 航空券 15万円程度(フランクフルト経由)
 授業料 910ユーロ(General English 30)
 宿泊費 706ユーロ+417ユーロ(ホームステイ変更分の差額)
 登録料 30ユーロ
 送迎費 45ユーロ(往復)
 教材費 27ユーロ×2(出発前と現地で二度支払い)
 +観光・外食代など

4. 留学の目的、及びなぜマルタを選んだか?

 ・目的:大学卒業後、就職先で用いる英語を磨くため。
 ・マルタを選んだ理由:日本人の少ない環境で英語を学べると考えたから。 また就職後に、旅行や仕事で訪れる可能性の低い国へ行きたかったから。

5. 最終的にその学校を選んだ理由

 ニチアイのHPやその他情報を参考にした結果、日本人比率が低いことが予想されたから。 また大規模校であるため、細かくレベル分けされており、クラス変更も容易であると考えたから。

6. 学校及びステイ先とマルタでの生活のついての感想

 まず学校については、予想通り日本人およびアジア人比率が非常に低く、クラス変更も容易だった。最初の2週間は、私が校舎内で唯一の日本人で、アジア人すらほぼ見かけなかった。この点で、英語を学ぶには最適な環境であった。

 ステイ先は、事情がありレジデンスからホームステイへ現地で変更した。理由は「8. 困ったこと」に記載。レジデンスについてはルームメイト次第だと感じた。私は3人部屋だったが、一人が散らかし放題であったため、キッチン周りは常に綺麗とは言えない状況だった。調理設備も不具合や不足が多く、自炊はなかなか難しかった。Wi-Fiも非常に弱かった。ホームステイについてはこれもホストファミリー次第だが、私の滞在した家は学校からも近く、何不自由なく生活できた。家族構成は、60歳代のご夫婦。私以外にも、Inlinguaや他の語学学校の生徒も滞在していた。

 マルタでの生活について。最初は戸惑うことも多かったが、1週間を過ぎた頃から徐々に慣れはじめ、最終的には夏のマルタを満喫したと言えるほどになった。ただ物価がやや高い・コンビニのような店がない・服のサイズが合わないなど、些細な不便はあった。いかに日本が生活に便利な国であるか、改めて痛感した。

7. 週末の過ごし方

 語学学校の内外で知り合った友人と、観光や海水浴。学校に用意されていたツアーを利用して、シチリア島へ行ったこともあった。週末ではないが、平日の授業後にスキューバダイビングをしたことも。都合がつかない時は、一人で観光に行った。

8. 留学中困った事、及び良かった事

 困ったこと

 ・ステイ先
 当初はレジデンスを選択したが、自炊が不得手であり、かつ日本のように惣菜が容易に手に入るわけではなく、レストランも安価なところが見つからなかった。
 →1週目の途中でホームステイへ変更した。

 ・授業のレベル
 日本人によくあることだが、当初は先生や周囲の生徒の話す内容がほとんど理解できず、授業中発言できない・聞かれても答えられないという状況であった。また、他の生徒はとても積極的に発言し、私は少々圧倒されていた。
 →ニチアイ高木様からアドバイスを受け、語学学校の担任に相談。結果、レベル変更はしなかったが、慣れと共に問題は解消されていった。

 ・授業内容および人員
 午後の授業は本来、スピーキングを中心として行われるはずだった。しかし、押しの強い一人の生徒が文法の勉強を希望したため、午後も文法の授業になってしまったことがあった。 かつそのクラスの人数が、編成の都合上12・3人になってしまった。
 →事務の方に相談し、近いレベルの他のクラスに変更してもらった。

 ・先生の質
 繁忙期ということもあり、先生毎の質の違いが大きかった。概ね年配の先生は、経験豊富で気配りも上手。一方、一部には大学生がアルバイトで先生をしている、という場合もある。

 ・費用面
 数週間以上滞在していると、教材が別のものに変更になることがある。その時、事前に納めた費用とは別に、実費(30ユーロ程度)を現地で払う必要があった。その他、当然ではあるが観光・スキューバダイビングなどのアクティビティに参加すると、高頻度で数十ユーロ程度の出費が発生した。

 良かったこと

 ・語学学校の方々の対応
 事務や受付の方、先生の対応が非常によく、迅速かつ私の希望を十分に汲んで対応してくださった。 生活面・勉強面で困ったことがあった際には、丁寧に相談に乗っていただき、適切に対応してくださった。クラスの変更も複数回したが、全て聞き入れてくれた。 様々対応していただいた結果、大規模校にも関わらず、事務と受付の全ての方に私の顔と名前を覚えていただいた。

 ・一クラスの規模
 繁忙期でも、概ね10人以下で授業が行われた。人数が多い時も、すべての生徒が発言できるよう、先生が配慮してくださった。9月に入ると、生徒数は減っていった。

 ・学校内での友達づくり
 私は日本でもどちらかと言えば人見知りであり、異国の地ではなおさら友だち作りに苦労した。学校内では当初、クラスメイトへ意識的に話しかけて連絡先を交換し、どこかに行くときは自分も誘ってくれるよう頼んだ。それが功を奏し、普段から行動を共にする友だちを作ることができた。

 ・ステイ先の家族
 私を温かく迎え、リラックスできるように最大限配慮してくださった。食事の時をはじめ、常に私に話しかけていただいた。私がいるところでは、家族の会話も英語だった。また、レジデンスに住んでいる友達にちょっとしたトラブルがあったとき、「友達に困ったことがあったら、すぐに私たちに知らせなさい。あなたの友達は、私の友達でもある。彼らには家族が近くにいるわけではないのだから、マルタで困ったことがあったら私たちが助けてあげる。」とホストファミリーに言われたのが非常に印象的だった。

 ・語学学校外での出会い
 レジデンスに滞在していた時、近隣のコインランドリーのオーナーが親しげに話しかけてくださった。そのオーナーは他の語学学校で英語教師をされており、日本のことが好きな方だった。マルタに着いて間もない時で若干の孤独を感じていたため、心が救われる思いがした。その後マルタでの生活の世話もしていただき、勤務先の学校の生徒が集まるバーに呼んでいただいたこともあった。

 ・抜群の景観
 景観は非常に素晴らしい。学校のすぐ近くに海があり、水も綺麗。 知り合った日本人の方もおっしゃっていたが、「The 地中海のバカンス」と感じさせる景観だった。

9. その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 ・国籍について
 8月20日頃から滞在したが、当初はスペインやフランス、イタリアからのバカンスを兼ねた家族連れが多かった。そのため、私のクラスでも社会人の割合が高かった。9月に入ると家族連れは減り、ロシアや旧ユーゴスラビアといった国々の若い方が増えた。その他、トルコ・ポーランド・ドイツ・リビアなどの人たちも一定数いた。同じ国籍同士で固まる状況も散見されたが、それほど大きな問題には感じなかった。また中には同じクラスに10代前半〜中盤の子たちもいたが、騒ぐこと無くみな真面目だった。私は、トルコやポーランドの同年代の方々と過ごすことが多かった。

 ・週20コマか30コマか
 事前にインターネットで集めた情報では、20コマ(午前のみ)を選択する方が多いようだった。しかし実際に行ってみると、家族連れ以外は30コマ(午後も授業有り)の方が多かった。

 ・娯楽について
 マルタは小さい国であり、1ヶ月滞在すればほぼ全ての観光名所を巡ることができる。夜の繁華街は、レジデンス近くの1か所しか無く、みな夜になるとそこへ出かける。バーもあるが、クラブ街であり、特に夏のバカンスシーズンは10代〜20代の若者が毎晩踊っていた。あまり家に居すぎるとホストファミリーが心配するため、私も夜は外に出るよう心がけたが、クラブ文化には正直馴染めなかった。

 ・食事について
 スーパーがSliema, St. Julian’sそれぞれにいくつかあり、食材はそこで手に入る。当然だが日本やアジア諸国のスーパーとは、取り扱っているものが全く違う。レストランは多くあるが、パスタやピザで8ユーロくらいしたため、毎回外食は難しい。街頭で売られているカットされたピザやパンは、1〜2ユーロ。 日本食レストランも、St. Julian’sを中心にいくつかある。アジア食品スーパーが島内に一つあるらしい。

 ・散髪
 マルタにはお一人、日本人美容師の方がいらっしゃる。その方に一度、髪を切っていただいた。

 ・気候について
 8月中旬に日本を発つ際、東京は連日35度を超えていた。それと比較すると、マルタは30度を超えるくらいで、過ごしやすかった。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 まず、私が留学希望時期の直前に申し込んだにも関わらず、速やかに対応してくださり留学を実現へと導いいていただいた。また留学先で困ったときも、迅速にアドバイスをくださった。ニチアイの高木様をはじめとしたスタッフの方々には、感謝の言葉しかありません。誠にありがとうございました。


「マルタ留学経験者の感想」フロントページへ戻る

マルタ留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ  Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
 2005年1月1日から
 (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd